谷原中学校

地域の方においしいお茶を〜1年総合的な学習の時間「課題追求学習」


10月8日(木)、1年生の総合的な学習の時間では、「美味しいお茶の淹れ方を研究し、地域の方々にお茶を飲んでいただこう」というテーマを設定し、意欲的に取り組んでいます。これは、農林水産省補助事業「産地活性化総合対策事業 青果物流通システム高度化事業(全国推進事業)」という施策を受けての取り組みでもあります。本校では、武里大枝公民館において実施されている「お茶飲み会」でのボランティア活動が継続的に行われていることもあり、そのような機会に活かせたらよいのではないかという発想から始まりました。
この度は公益社団法人「日本茶業中央会」の方々の協力を得て学習を進めています。お茶の起源や日本や世界の茶の歴史、種類や製法など、いろいろなことを教えていただきました。実際に本物の茶葉を手にして、そのにおいや感触を確かめていました。
美味しいお茶は、温度や時間などを考え、丁寧に淹れるといいようです。お茶って、奥が深いですねぇ。