谷原中学校

 
うまれてくれて、ありがとう〜保健講話「助産師から伝える命の話」


7月7日(火)、助産師の日野暁子先生から「命」についてお話を伺うのは2年目になりますが、発達段階に応じて受け止め方も違ってきているようです。学年通信にも掲載されていますが、驚くほど真剣に自分のことと考えている様子がわかります。「生まれてくるときに比べたら、今が辛いなんて言ってられない。」という感想をもった生徒もいました。この世に生まれたことを誇りに思い、「命」を大切にしましょう。