立野小学校


紋付き袴に着替えた代表の子供たち


大歓声があがった小助さんの曲芸
文化芸術ふれあい体験事業

文化庁主催の「文化芸術による子供の育成事業」が今年度も本校で開催されました。1月26日(月)のワークショップに引き続き、2月25日(水)には本公演が行われました。本公演では、体育館のステージが本当の寄席のようにセットされ、5,6年生の代表児童の出囃子演奏や小咄の披露があり、小南治師匠からもたくさんお褒めの言葉を頂きました。子どもたちは小南治師匠さん達の落語や、春本小助さんの曲芸を十分に楽しめました。普段触れることの少ない落語の世界を味わい、大変貴重な経験になりました。