武里中学校


アイマスク体験
 




車いすバスケット
 



福祉体験

他者とのよりよい関わり、社会や周りの人と協力して生きていくことの大切さを学ぶことをねらいとして、2学年で福祉体験を実施しました。
アイマスクでは、実際に目を隠し歩いてみました。普段歩くことを意識することはありませんでしたが、見えないことによって、周りの人の支えや協力が必要なことが実感できました。
車いすバスケットでは、大会等でプレーされている選手をお招きし、試合をしました。実際に車いすを動かすとなると、こんなに難しいものなんだと実感しました。