宮川小学校

  
カブトムシの飼育

3~4年生が環境学習の一環としてカブトムシの飼育に挑戦しています。春日部市生態系保護協会のみなさんより100匹の幼虫をいただきました。子どもたちは上部を切ったペットボトルを用意し、その中に腐葉土とともに一人一匹ずつ幼虫を入れてもらいました。抵抗なく幼虫を持てる子もいれば触ることができない子もいましたが、どの子も自分のペットボトルを大切に抱えて持ち帰りました。元気に育ってほしいと思います。