到着〜!こどもみこしに続いて、おとなみこしも集会所に帰ってきました!
 
       
 

内牧地区夏祭りを取材しました!

夏祭りの初日、7月9日(土)はあいにくの天気で、子どもみこしパレードと縁日が中止となってしまい、この日を楽しみに待っていた子どもたちにとっては、とても残念でした。 それでも、グリーンパーク管理棟・谷中公園・深町公園とそれぞれの場所で、
地域の大人たちがつめた〜いアイスやヨーヨーなどを配って子どもたちを楽しませていました。

夏祭りの2日目、7月10日(日)は真っ青な空が広がり、猛暑の1日となりました。この日は、高野台自治会集会所に、「内牧」と書かれた緑色のハッピを着た人が大勢集まりました。子どもたちも、手ぬぐいをしたり、祭りの衣装を着たり気合十分です。いよいよ、子どもみこしが集会所から出発しました。重いおみこしをみんなで力を合わせて担ぎます。周りでサポートをする大人たちは一生懸命です。

高野台の町内をこどもみこしが通ると、玄関先に出て子どもたちを応援する住民の姿が見受けられ、地域の人の温かさを感じました。町内を半周したところで大人みこしを担いでいた大人たちと合流し、休憩をとりました。
休憩時間では、子どもたちの大好物・アイスを食べて休憩〜!
取材をした私もアイスをいただきました。とってもおいしかったです!
ママと一緒にアイスを食べるお子さん。炎天下の中、がんばっておみこしを担ぎました。

休憩時間の終わりはあっという間。町内を残り半周し、出発地点だった高野台自治会集会所を目指します。
最後は、集会所に集まったみなさんで三本締めをし、おみこしが無事に終わったことをお祝いしました。

私は取材終了後、集会所で地域の奥様方に作っていただいたすいとんをいただきました。具がたっぷり、すいとんがモチモチで大変美味しかったです。ごちそうさまでした。
今回の内牧地区夏祭りも地域が1つとなって盛り上がりました。参加したみなさま、おつかれさまでした!