中学生社会体験チャレンジ事業

11月17日(火)より、平成27年度春日部市中学生社会体験チャレンジ事業3Daysが始まりました。これは中学1年生が、公共施設や事業所において職場体験をするものです。期間は19日(木)までの3日間です。
豊春地区公民館には豊春中学校の生徒さんが3人来ています。

1日目は、窓口で公民館利用団体への鍵の貸し出しや、清掃などのお手伝いをしてもらいました。最初は緊張していましたが、公民館をご利用の皆様のご理解・ご協力により、だんだんと慣れてきた様子で、しっかりと元気に仕事をしていました。

2日目はまず、側溝の清掃です。側溝から出た土や枯葉を、第2駐車場の低い部分に入れ、その上に石を入れました。
図書の整理もお願いしました。
この他、利用受け付けや、公民館主催事業のチラシ作りにもチャレンジしてもらいました。元気にしっかりと仕事に取り組んでいました。

3Days最終日!まずは「親子の広場」の会場設営をしてもらいました。その後、参加者の子どもたちと楽しく遊びました。最初は恥ずかしさもあったようですが子どもたちの笑顔に、自然と溶け込んでいったようでした♪
午後は、中学生から「もっと掃除がしたい!」とこちらが驚いてしまうような要望がありました!窓ガラスなどをピカピカになるまで拭いてもらいました。 

それでは、中学生3人の感想を紹介します。
●堅い仕事だと思っていたけど、実際は自分の好きなことを生かせる素敵な仕事だと思いました。大変なこともあると思いますが「やりがい」があることが伝わってきました。
●公民館の仕事と言われてもパッと浮かびませんが、やってみると辛いなあとか、こんなことやっているんだなあと思いました。3日間楽しかったです。
●親子の広場は緊張したけど少しでも役に立ちたいと思い頑張りました。公民館に来て一番良かったと思いました。