むかしの遊び教室

2月1日(土)にむかしの遊び教室を開催しました。
今年は、インフルエンザの流行のため昨年より参加者は少なくなりましたが、小さなお子さんを始め、元気な小学生や昔を懐かしむ高齢の方など、多くの方々が、竹馬・竹とんぼ・五目並べ・紙芝居・折り紙・けん玉・なわとび・羽根つきなど、様々な種類の昔の遊びを体験しました。
元気に遊びまわる子どもたちだけでなく、子ども以上に熱中している大人の姿も見え、年齢を問わず楽しまれている様子でした。
お昼には、幸松婦人会の方々が作ってくださった、すいとんとおむすびが振舞われ、みなさん美味しそうに召し上がっていました。
むかしの遊び教室は、毎年開催している事業ですが、今回参加した方からは、「毎年楽しみにしている」「とっても楽しかった」「また参加したい」「子どもと一緒に遊べた」「子どもたちに自分の頃の遊びを教えてあげられてよかった」などの感想を聞くことができました。