幸松小学校





 


4年生臨床美術 「五感で感じて、自由に表現しよう!!」
幸松小学校伝統の「総合的な学習の時間〜臨床美術学習〜」が、今年度も4年生で始まりました。初めて経験する臨床美術の学習はとても新鮮で、生き生きと絵を描く子どもたちがたくさん見られました。

臨床美術とは、五感で感じたことを自由に絵画で表現する活動です。第1回目の活動では、思いや感じたことを線や色で自由に表現する「アナログ画」に取り組み、最後は互いに作品の良さを伝え合いました。「良さを伝える」とは、自分にはない「表現」「色」「線」について伝え合うことです。

この後、最終目標である地域の方とのセッションに向けて、臨床美術学習を進めていきます。これからも4年生の取組について、応援をよろしくお願いいたします。