川辺小学校



 
4年生 車いす体験

4年生が総合的な学習の時間に、「車いす体験」をしました。最初に、車いすで生活している方のお話を聞き、続いて、車いすの使い方や使う際の注意点を教えてもらいました。動き始めは声をかけること、段差の上り下りのしかた、止まる時にブレーキをかけることなど、教わったことを1つ1つ確認しながら実践しました。 活動の中で『自分には何ができるか気づきましょう。』 というお話がありました。福祉の活動に限らず、人に親切にすることの始まりは、この「気づく」だと思います。何に困っているのか、何をしてほしいのかに「気づく」ことができる人になってほしいと思います。